母子家庭は、一般的な家庭に比べますと、子どもの教育費や生活費などの負担が大きくかかってきてしまいます。そういった家庭には、優遇制度があるのですが、どういった制度があるのでしょうか。

 
まず、国民年金の保険料の免除をしてもらうことが出来ます。国民年金を納めたいと思っていても、実際にはなかなか納めることが出来ないと言うご家庭も多く、そういったご家庭には、大変助かる制度です。ですので、国民年金の保険料を納めることが出来なくなってしまったら、直ぐに免除の申請をしましょう。

 
そして、次に助かる制度は、医療助成制度になります。この制度は、子どもが18歳になった、最後の3月31日まで適応されるのですが、子どもが児童福祉施設などに入っている場合や、生活保護を受けている人は、助成の対象外になりますので、注意が必要です。

 
また、保険料や医療費も重要ですが、それよりも重要なのが、暮らす家なのではないでしょうか。いざ、住む家を探そうと思っても、年収が低かったり、収入が安定しないと、審査に落ちてしまう可能性もありますので、注意が必要です。そういったご家庭には、公営住宅がおすすめです。格安で最低限の生活が出来るように保障されておりますので、安心して暮らす事ができます。このように、いろいろな制度がありますので、是非一度、しっかりと調べてみましょう。