結婚する際に相手に子供がいた場合など相手の子供を自分の子供にする手続きが養子縁組です。
この手続きをする事で、自分の実際の子供と同じ権利が養子にも発生します。
養子に対して養育権や親権が発生し、自分が死亡した場合は養子にも相続権が発生します。
その後、妻と離婚する事になった場合、手続きを行わないと養子関係は継続されます。
中には離婚したので、養子関係も解消されたと思われがちですが、離婚届とは全く違うのです。
養子を解消するには養子離縁の届出を役所にする必要があります。
この養子離縁の届出をしない限り、養子関係は継続されるのです。
養子関係を解消すると全くの他人となれるのです。
ただし、自分の本当の親とは他人にはなれません。
離婚しようが、他に養子を貰おうが実の子供はいつまでも相続権などの権利はあるのです。
ただし、幼い内に裁判所の許可を得て行う特別養子については、実際の血縁関係にある親とは他人になる事が出来ます。
養親のみが養育権や親権を保持するのです。
養子に関しては裁判所の許可が必要なものがありますので、事前に裁判所や役所で確認する必要があるでしょう。
特に未成年の子供に関しては、子供は中々判断出来ない問題ですので、慎重に行う必要があります。