生活保護

| 未分類 |

狭いとは言われるこの日本の中にも数多くのご家庭があり、それぞれ様々な思いで生活をされておられる方が大半でしょう。
中でも離婚という憂き目にあって離婚家庭となられたご家庭も決して少なくないはずです。

 
離婚の理由は様々でしょうが、離婚前の収入よりも離婚後の収入の方が圧倒的に少なくなるケースが多いはずです。
況してや、離婚後でも子育てをしなければならない事も多く、収入を確保しながら子育てをするという実に厳しい生活を強いられる事になります。
さらに子供がお子さんが小さい内は目が離せない事が多く、働きたくても働くことが出来ずに思うような収入が確保できない為、生活自体が困窮する恐れがあります。

 
そういったご家庭を援助・支援する為に生活保護制度があります。
この制度は離婚や死別などのやむを得ない事情で収入を得る事が非常に困難又は不可能に近いと判断された個人や家庭に対して
最低限生活できる金額を国や居住する役所からお金を支給する事で、一定の収入を得ることが出来る様になるまでの間の生活を支援するという制度です。

 
新聞やテレビでも盛んに報道されていますのでこの制度についてご存知の方も多い事でしょうがこの制度はあくまでも本当に困窮している個人や家庭に支給されるべきものであります。