離婚家庭への福祉

| 未分類 |

近年の日本では、三組に一組の夫婦が離婚にいたっているという統計も出ているように、運命の相手だと感じて結婚しても途中で断念してしまうケースも珍しいことではなくなってきています。

 

離婚の増加に伴い、ひとり親の家庭が増加傾向にあり、子供の学級の半数が離婚家庭であるというケースも多々あるほどです。今のわが国では、依然不景気といわれており、家計も共働きで担ってきた夫婦が大半です。その為ひとり親家庭になると、どうしても経済的に困窮してしまうことが多く、社会問題としてクローズアップされていることもしばしばです。女性一人がフルで働いたとしても、月収は知れており、子供がまだ小さい場合などであれば、パート勤務しかできません。養育費をきちんと支払っているという人も少なく、すべてを合わせても生活するのがいっぱいいっぱいという家庭はざらです。

 

 

近年では行政もこういった福祉問題を手厚くフォーローしようとしており、児童手当や児童扶養手当など様々な援助を行っています。国対策として行っているものもあれば、その県、市、独自の制度もあるので、困ったときは自分の住んでいるエリアの管轄の区役所へ行き、相談してみましょう。こういった問題は、自分から働きかけなければ、向こうからは教えてはくれないものです。