離婚後の問題

| 未分類 |

夫から暴力を受けている、夫の度重なる浮気に悩まされている、夫が愛人に子供をつくってしまったなどで悩んでいる女性は非常に多いものです。

 

こうしたケースに長年悩まされていると離婚を決意する女性も少なくありません。しかし専業主婦で実社会から長年離れていて、経済面を夫の稼ぎに依存していると離婚後の収入のあてがなく問題になってくるのです。

 

しかしこうした経済面で困窮するからと言って離婚に野の脚を踏んでいると、女性の尊厳ある人生を歩んでいるとは言えないのです。妻は夫の奴隷ではないので、一歩踏み出す勇気が必要なのです。離婚した後の職業は選り好みしなければあるものです。パートやアルバイトなど雇用形態に拘らなければ雇ってくれるものです。乳酸菌飲料の訪問販売の企業では託児所を設けているので、離婚してからも子供を預け自活することもできます。

 

 

またハローワークには女性の就労支援や技能取得の学校で受講することもできます。一歩を踏み出す勇気を持てば、その後のことは何とかなるものです。また母子家庭になると優遇措置があるために、今までの税金や社会保険料よりも安くなるので生活も多少楽になるのです。離婚をためらって一歩踏み出せない人は市町村の無料相談会で専門家に相談してみるのも良いでしょう。